.

自己破産の手続きをしてしまうと知り合いに露見してしまうのではないだろうかといった具合に人に知れることが恐ろしいと真剣に感じられている読者もいるかもしれませんが自己破産の手続きを行ってしまっても司法機関から上司に督促がすぐにいってしまうことはまず考えられないので通常の場合においては事実が知れ渡ってしまうことはないでしょう。77-20-95

又は、一般的な事案ならば、自己破産というものの申し込み後であれば債権者から上司などに催促の電話がかかることも考えにくいと言えます。77-12-95

しかし自己破産の申し立てを公的機関に対して訴え出るまでの間ならば貸し主から部署の人間に通達がなされる可能性がありますのでそういった原因で秘密が明らかになってしまうということがないとも言えませんし、給料の仮押えをされてしまうと、勤め先に知られてしまうことになってしまうことは避けられません。77-18-95

そういったことに対する不安が尽きないのであれば、司法書士ないしは弁護士などに自己破産申立ての実行を任せてみるといった解決方法をひとまず検討してみるのがよいでしょう。77-13-95

専門の司法書士あるいは弁護士などに依頼をした場合であれば直ちに全ての消費者ローンに受任通知が送付されますが書類が配達された後は借りた会社が自己破産申請者自身に向けて直接催促を実行するのは違法とされているため勤務先に発覚してしまうということも一切考える必要がありません。77-19-95

さらに、自己破産の申告のせいで現在の勤め先を退かなければならないのかどうかという心配についてですが戸籍謄本あるいは住基カードなどに掲載されるということは考えられませんゆえに通常ならば上司などに発覚してしまうということはありません。77-5-95

もし自己破産というものを申請したことが会社の人間に明らかになってしまったとしても自己破産というものをしたこと自体を理由として勤務先から辞めさせることは制度上禁じられていますし、自主退職する必要性も一切合切ないと言えます。77-11-95

ただ、自己破産手続きが上司などに気付かれてしまうことで、居づらくなって自主退職するという場合がままあるというのも事実です。77-4-95

月給の回収において強制執行等の規則を定める民事執行法内で差押禁止債権として賃金または給料といったものを設定されており、これらの財産については4分の1までしか差押えを認めてはおりません。77-9-95

だから7割5分については回収をすることは法律的に許されていません。77-3-95

そして民事執行法の範疇でスタンダードな家庭の不可欠な経費を設定して政府の発令で水準額(三十三万円)決めているためそれを下回るケースは25パーセントにあたる金額だけしか没収できないように規定されています。

だから、自己破産申請者がそれを越えて給金を稼いでいるケースは、それを上回る金額について接収することができると取り決められています。

ただし、自己破産について定められた法律の改定によって債務返済に対する免責許可の申込があり自己破産申請と同時に免責が決まる同時破産廃止適用などの処分が確実になり自己破産の妥結がされていれば、借金の免責が認定され確約されるまでに関しては破産を申請した人の私有財産などに対して強制執行、仮押え、仮処分などの実行が出来なくなりこれ以前に行われている仮処分に関しても中断されるように変わりました。

さらには、負債の免責が確定ないしは決定した時には時間的にさかのぼってなされていた差押えなどは効力がなくなるのです。



77-6-95 77-2-95 77-8-95 77-10-95 77-7-95