.

よくある外為の本では、「損が生まれた場面ではナンピン買いをして、全体のコストを小さくする事が出来る」とアドバイスしているが、正直これは目に見えない隠れたリスクがあると思います。専業主婦におすすめ!静銀カードローンセリカなら夫に内緒で借入できる

はじめに、ナンピン買いのやり方についてごく簡単に説明します。ラブホの上野さん 動画 1話

仮に1ドル=100円でドルを買ったとします。デリケートゾーン かゆみ 塗り薬

$(ドル)買いだから、ドル高になればなるほど儲けが出るわけですが運悪く1ドル=95円まで円高ドル安が進んでしまった。エマルジョンリムーバー

その状況でポジションを保持し続けたら、損失が回復するまでには5円分ドル高が進まなければなりません。薄毛 育毛ケア

皆さん、赤字は早めに戻したいと思うでしょう。

このためはじめに売買したのと同額分のドルをエントリーします。

それで、ポジションの買い付け単価は1ドル=97.50銭まで抑える事が出来ます。

2.50円の幅で円安が進行すれば、損を回復する事ができます。

こういったことがナンピン買いのロジックだ。

このとおり、ナンピン買いのロジックを知ると、「確かに」という考えになるが、マーケットは簡単には思うようにはいきません。

そもそも、1ドル=95円が底値だということなど、誰も分かるわけがありません。

たとえば、市場が相当の円高ドル安傾向だとすれば、1ドル=95円では止まることなくよりドル安が進むリスクが高いです。

例として、97円50銭でナンピン買いをしたとしても1ドル=95円まで円高ドル安が速んだら、ナンピンしたポジションについてもマイナスが生まれます。

この状況では、一番初めに保有したポジションと合わさって倍の差損が生じる事になります。

それほど、ナンピン買いはややこしいです。

それでは、為替が自分の脚本とは逆向きにさっと進んだ場合、どのやり方で危険の確率を避ければいいのでしょうか。

こういう場合には選択する対策は2つあります。

まずひとつめは潔くあきらめて損切りをすること。

もうひとつの手段としてはその時点で、あなたが所有している買いポジションを少なくしてもう一度相場が回復するのをひたすら待つ事です。

かなり控えめな手段だとみる方もいるkもしれません。

だがしかし、所有しているポジションにマイナスが生じた時、有効な対策はこの他にはあるはずがありません。

言うまでも無く、理論上は、ナンピンを入れるという考え方も効果的です。

だがナンピンは、自身が損失を披っている場面にもかかわらず買いポジションを無くすどころか、遂に買いポジションを買い増していく方法である。

この方法では、危険を避けることなど、どこをどうやっても無謀だと思ったほうかいいだろう。

ナンピンをしていけばその内勝てるかもしれない。

でも、そうなる先に資金が不足してしまいます。