.

破産申告を検討する人であなたの借金にあたって保証する人がいる場合にはきちんと話をしておいたほうが無難です。76-17-95

もう一度、改めてお勧めしますが、ほかに保証人が存在するときは、破産宣告の前段階でちゃんと考える必要があります。76-19-95

なぜならばみなさんが破産手続きを出して免除されると保証人となる人があなたが作った借り入れを果たす必要があるからです。76-16-95

なので、破産手続き以前に保証する人に今までの経緯や今の状態を報告しつつ、お詫びをしておかなくてはなりません。76-13-95

保証してくれる人からすると求められることです。76-20-95

あなたが破産の手続きをするのが原因で、急にローンが生じてしまうことになるのですから。76-6-95

その後の保証する立場の人の選ぶ方法は以下の4つです。76-14-95

一つめは、あなたの保証人が「いっさいを返済する」ことです。76-8-95

保証人となる人がそれら借金をラクに返済できるほどのようなカネを持ち合わせていればこの方法を取ることができます。76-12-95

でもむしろ、あえて破産宣告せずに保証人となる人に立て替えてもらってあなた自身は保証人となる人に定期的に返済するという解決策もあるかと思います。76-7-95

保証人があなた自身と良いパートナーであるのならある程度期日を繰り延べてもらうこともありえます。

それにいっしょに返金が不可能な場合でもローン業者も話し合いにより分割に応じることもあります。

保証人となっている人にも自己破産を実行されてしまうと一銭も返ってこないリスクを負うことになるからです。

保証人がその債務を全額立て替える財力がなければお金を借りたあなたとまた同じく負債の整理を選択が必要になります。

続いてが「任意整理」によって処理することです。

この手順では貸金業者と話し合いを持つことで5年以内くらいの期間内で完済していく感じになります。

実際に弁護士に依頼する際のかかる費用は1社につき4万円ほど。

7社から負債がある場合だいたい28万円かかることになります。

確かに貸した側との示談を自分ですることもできないことはないですが、債務処理に関する経験がない人だと債権者側があなたにとっては不利なプランを用意してくるので、注意しなければなりません。

それと、任意整理を行うということはあなたの保証人にカネを払ってもらうことを意味するのですからあなたもちょっとずつでも保証してくれた人に返済をしていく必要があるでしょう。

3つめですがあなたの保証人も破産した人と同様「自己破産を申し立てる」ことです。

あなたの保証人もあなたとともに破産を申し立てれば保証人となっている人の返済義務も消滅します。

ただその場合は、保証人が不動産などを登記しているならばそのものを没収されてしまいますし、法令で資格制限のある職業についている場合影響が出ることは必須です。

そのような場合、個人再生という処理を検討することができます。

一番最後に4つめの選択肢ですが「個人再生という制度を利用する」方法があります。

戸建て住宅などを処分せず負債整理をする場合や破産申し立てでは資格制限に触れる職についている場合に選択できるのが個人再生による整理です。

これなら自分の家は残せますし破産のような職業にかかる制限資格制限等は一切かかりません。



76-2-95 76-15-95 76-10-95 76-1-95 76-5-95