.

私は昨年まで営業として働いていた28歳の者です。カンジタ

主に個人向けに保険を販売する業務を担当していました。めなり

保険という商品は、販売するのは簡単ではありません。

正しい知識を身に付けることはもちろん、営業としての力を試されます。

新卒で入社して以来、ずっと営業として勤務していました。

しかし私は自分自身で営業に向いていないと感じることが多くあったのです。

ですから20代のうちに今後目指すべき道を決めたいと考えていました。

そこで何か資格を取得したいと考え、調べた中で興味を持ったのは社会保険労務士という、通称社労士と呼ばれるものです。

この資格は、例えば勤就業規則や労働条件の作成、社会保険や年金の手続き等におけるスペシャリストです。

実は事務系での転職を検討しており、総務業務ということを考えていました。

ですから良いきっかけになる資格だと判断したので、勉強を始めました。

それでもこの資格は、国家資格ということで、簡単に合格可能なものではありません。

私自身、初めての勉強だったので勝手が分からず、何度も諦め掛けました。

それでも将来が掛かっているので地道に勉強し、1度目の受験で合格を果たしたのです。

その後社労士資格を武器に転職活動に取り組み、無事現在の会社に総務として転職を決められました。