.

投資の代表的なものは、やはり株式投資でしょうか。

株は、恐らく数ある投資商品の中でも一番メジャーなものだと思います。

それ以外にも、債券という投資方法があります。

債券は、主に2種類あります。

まず国が発行している債券です。

いわゆる個人向け国債などがそれに該当します。

例えば国債を、100万円分購入したとしましょう。

そして数年が経過して、満期になりました。

国債には金利がありますので、101万円になって戻ってくる訳です。

ちなみにこの数字は、あくまでも仮想のものです。

つまり国債は、金利に対する投資という事になります。

もう1つは、地方債です。

地方自治体によっては、公共事業のために一般の方々から資金を集めている事があります。

それも上記の国債と同様に、金利が発生するものです。

つまり投資の中でも債券の場合、国や自治体などの金利による利益を狙うシステムになる訳です。

上記で申し上げた株式投資に比べると、比較的リスクが低いと言われています。

その代わり株式投資よりはリターンは少なめですので、ややローリスクローリターンの投資方法と言えます。